MENU
INFORMATION

最新情報

MEMBER

17年勤めた地元有名企業を辞め、39歳でITベンチャーへ。コンサルティング部長・加藤の挑戦

クライアントの成長を支える第一人者として、ユニークワンのフロント業務を担う「コンサルティング部」。今回は、17年間勤めた新潟の有名企業からユニークワンに転職し、現在コンサルティング部の部長として活躍している加藤さんにインタビューをおこないました。「ユニークワンの営業とは?」「30代後半でベンチャー企業に転職するのってどう?」など、少しでも気になる方、ぜひお読み下さい!

 

—————————

 

40歳で役員就任」という目標

はじめに、加藤さんのこれまでについて教えて下さい。

前職は社員数500名ほどの印刷グループの会社で営業をやっていました。印刷物の他、イベント、Web関係、人材派遣など幅広くやっていたので、営業というよりコンサルティングに近いです。一方で自社のルールやワークフローに無駄が多かったので、各部署と連携を取ったり、役員に意見を伝えたりしながら、社内の業務効率化にも尽力していましたね。その結果、31歳という社内でもかなり早いタイミングで管理職に登用されて。管理職になってからは20人ほどの部下をマネジメントしつつ、経営層と一緒に会社の方針を考える立場で仕事をしてきました。

 

順調にキャリアを築いてきたんですね。更に上を目指していたんですか?

私自身40歳までに役員になるつもりでいました。「今の立場(管理職)のまま、これ以上頑張っても、この会社を変えられないな」と限界を感じ始めて。特に、会社全体の仕組みや経営方針などはトップに近い立場じゃないと変えられない部分。だったら自分が役員になって、会社をより良くしようと考えていました。

 

40歳で役員」伝統ある企業において、かなりのスピード出世では。

そうですね、もともと親族経営の会社ですし。親族か、もしくは60歳も近くなった一般社員が役員に就くのが常でしたが、あるとき親族以外の社員が初めて役員になったのを目の当たりにしました。「自分も役員になれる」と思い、本気で目指していました。500人いる会社に変化を起こして全体に浸透するのに5年はかかるとして、40歳で役員になれば、45歳の時には変化が浸透した環境でバリバリ活躍できるという計算です。しかしまだまだ年功序列の色が濃く、企業としての意思決定も遅かった。だったら、裁量権のない場所に居続けるより、自由裁量の新たな環境で挑戦したいと、転職を考え始めました。

 

(結果的に”40歳で役員”はユニークワンで達成)

 

 

社長が「ワンピースのルフィタイプ」の会社は伸びる

30代後半でベンチャー企業へ転職。不安はなかったんですか?

もちろん不安が無かったと言えば嘘になりますが、印刷業界の今後にも成長が見込めなかったんですよね。営業という仕事柄、元々付き合いのある企業からも色々引き合いはあったんです。最終的には立川(ユニークワン代表取締役)の求心力が強すぎて、ユニークワンに落ち着きました(笑)。ユニークワン設立時から誘われてはいたんですが、当時ちょうど第一子が生まれるタイミングでもあったので「会社が安定したら呼んでくれ」と言っていました。2016年、ユニークワン設立から2年ほどのタイミングで「そろそろ落ち着いたから来てくれ」と再度アプローチを受け、転職を決めました。

 

立川さんとの出会いや第一印象について教えて下さい。

初めて会ったのは新潟で開催された異業種交流会の時。かれこれ10年近い付き合いになります。当時、立川はNTTドコモを退職し、新潟にUターンして実家の会社「カガヤキ農園」に戻ったタイミングでした。立川の第一印象は「ドコモ上がりで地元に戻って息巻いてる男」(笑)。でも、よくよく話をしてみると、単に息巻いてるだけの男じゃなかった。一緒に飲むたびに熱く語ってくれる内容が、いちいち天才の発想。一般人が到底思いつかないアイデアや世の中どこを探しても存在しないような考えをたくさん持っている、すごい男だったんです。

 

加藤さん「会社の社長を漫画の主人公に例える話」前にしてくれましたよね。あれ、お願いします!

悟空とルフィの話ですね(笑)。立川はワンピースのルフィタイプの社長なんです。社長って漫画の主人公に例えると「ドラゴンボールの悟空タイプ」と「ワンピースのルフィタイプ」大きく2つのタイプがあって、彼は後者。何でも自分一人でこなすスーパーマンではないけれど、仲間と協力しながら大きなことを成し遂げるタイプ。立川は現在の常識の2歩も3歩も先をいく発想を持っている上、「夢のような話を簡単に実現できるように魅せる」のがうまい。それを夢で終わらせずに形を整えて現実的なものとして仕上げていくのが、ユニークワンのナンバー2以下の役目だと私は思っています。特にIT企業において、社長がルフィタイプの会社は絶対伸びる。営業という仕事柄、様々な会社の経営者や現場の社員と接してきたからこそ自信を持って言えます。

 

(ちなみに普段漫画は全く読まないそうです)

 

 

ゴールは自社の売上ではなく、クライアントの成長

コンサルティング部の部長として、どんな方に入社してほしいですか?

面接では「開始5分以内に加藤の心を奪えるかどうか」を見ています。というのは冗談ですが(笑)、営業経験よりもコミュニケーション能力を重視しています。コンサルタントは自社の売上を重視することより、もっと話を聞いてみたいと思ってもらい、「本質をきちんとお客さんと話せること」が大事です。ゴールは自社商品を売ることじゃなく、クライアントの成長。それを手助けするのが私たちコンサルタントの役目です。もう一点、私が一コンサルタントとして常々心がけているのは「伝書鳩にならない」ということ。クライアントから言われたことをそのまま制作チームに伝えることは誰にでも出来ますので。クライアントの想いを翻訳し、制作チームに伝え、より良いものを提供するのが本当の仕事です。

 

コンサルティング部をマネジメントする上で大切にしていることは?

一人ひとりの個性に合わせたマネジメントを心がけてます。一般的な営業職は、自社商品のマニュアルや営業スタイルがあって、それをロールプレイングで叩き込まれてお客さんのところへ行く「誰でも売れる営業」ですが、ユニークワンの場合はそうじゃない。だからこそ、個々が前職までのキャリアで培ってきた社会経験を発揮しながら自由な発想でコンサルティング業務に励んでほしいですし、そうなれるようアドバイスしています。あとは「区切りのいいところで立ち止まって褒める」というのも忘れないようにしています。先日も3ヶ月間の大きなプロジェクトが無事終わったので、メンバーを連れてタコスを食べに行きましたよ(笑)。

(その時に一番お酒を飲んでいた人)

 

 

仕事もプライベートもすべて人生の一部

加藤さんは2児のパパ。仕事と子育ては両立できてますか?

両立というより「並行」と言ったほうが近いですね。「両立」っていうと仕事とプライベートがはっきり切り分けられたイメージでしょ。”平日に仕事をして、土日は家族と過ごす”、”9時~17時は仕事、それ以外はプライベート”みたいな。いま、それが社会全体で変わってきていると思うんです。「仕事もプライベートも自分の人生の一部」という価値観で働きたい人が増えていますし、私自身もそうです。

 

仕事も家庭も切り分けないという考え方なんですね。

結局、何をしていても自分の人生ですから。ユニークワンはそのへん臨機応変に調整できるので、新しい価値観にマッチしてますよね。”午前中は幼稚園の発表会を参観して、午後から出社”とか、”午後3時~4時だけ中抜けして筋トレ”が可能で、立川もそういう働き方を推奨しています。リモートワークにも寛大なので、子育て世代が活躍できる会社です。小さいお子さんがいる方にもどんどん入社してほしいと思っています。

 

 

<あとがき>

加藤さん、ありがとうございました。

 

コンサルティング部だけでなく他部門のメンバーからも慕われ、クライアントからの信頼も厚い加藤さん。今回のインタビュー後も、部下からの緊急の相談に親身に応じている姿が印象的でした。

加藤さんをはじめ、ユニークワンには個性豊かなメンバーが揃っています!まずは話だけ聞いてみたい、社内の雰囲気を知りたいという方も大歓迎です!ぜひ一度、オフィス見学にいらしてください。