インターネット広告会社|株式会社ユニークワン

コラム

Twitter(ツイッター)アナリティクスを使った効果的な分析方法とは?|分析のコツ・目的別に見るべき指標

SNS運用

210519_Twitterアナリティクス

自社でTwitterアカウントを運用している企業が最近増加してきました!

しかし、「どんなツイートをすれば効果的なのか分からない」「なんとなくツイートしているけど反応が少なくてやる気がでない…」という方も少なくありません。

そんなお悩みを解決する一つのツールが「Twitterアナリティクス」。ツイート分析には欠かせないツールですが、活用できていますか?

今回の記事を読むことで、

  • Twitterアナリティクスの使い方が分かる
  • どの指標を優先的に見るべきか「分析のコツ」がつかめる

「効果的な運用」には分析が不可欠!ポイントを解説します。

 

1.Twitter分析の必要性

ユーザーは日々多くのメディアに触れており、SNSの利用時間も多くなっています。日本ではおよそ3人に1人がTwitterを利用しており、10-20代の若年層については約70%がツイッターアカウントを所有しています(総務省調べ,2020年1月)。

▼Twitterのユーザー数や企業の事例など、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

【2020年11月最新】Twitter(ツイッター)日本のユーザー数・企業の事例・新機能fleetも紹介

そしてビジネスシーンにおいてもTwitterの存在感は増しています。ツイッターユーザーのうち、半数以上が企業の公式アカウントをフォローしており、「企業を好きになった」「購入や来店が増えた」というきっかけになっています(アライドアーキテクツ株式会社調べ,2020年

data-mindchange

▲引用元:2021年度「Twitter企業公式アカウント」の利用実態を調査,アライドアーキテクツ株式会社

多くのユーザーが利用しておりビジネスチャンスにもつながりやすいTwitter。アカウントを作ってなんとなく投稿している…だけではもったいありません。ツイートを分析することで「どんな内容のツイート」を「いつ投稿すれば」ユーザーの反応がいいか勝ちパターンを見つけることが重要です。

 

2.Twitterアナリティクスとは

Twitterアナリティクスは、ツイッター社が公式提供している分析ツールで、Twitterアカウントを持っているユーザーであれば誰でも無料で利用することができます。月単位でのツイート表示数やフォロワーの増減数だけでなく、ツイート単位でも細かく見ることができます。

twanalytics-top

 

3.Twitter分析の基本用語3選

ツイートを分析するにあたり、マーケティング用語の意味が分かると大変便利です。特に覚えていただきたい3つをご紹介します!

インプレッション

SNS投稿がユーザーに表示された回数。
3人の画面に1回ずつ表示されても、同じ人の画面に3回表示されても、インプレッション数は3になります。

エンゲージメント

1つの投稿に対してユーザーが起こした反応の数
いいね」や「リツイート」はもちろんのこと、「プロフィールクリック」、「URLクリック」、「ハッシュタグクリック」、「ツイート詳細のクリック」などさまざまなアクションがエンゲージメントに含まれます。

エンゲージメント率

投稿を見た人のうち、どれだけの人が投稿に反応したか」という割合を表すのがエンゲージメント率です。分析では絶対値だけでなく「割合」も重要な指標になります。
Twitterの場合、「エンゲージメント率=エンゲージメントの総数÷インプレッション数」で算出されます。

▼その他のSNS基本用語についてはこちらの記事でご紹介しています!

超基本!初心者が覚えておきたいSNS用語20選(Twitter・Instagram・Facebook中心)

 

4.Twitterアナリティクスの見方・使い方

4-1.Twitterアナリティクスへのアクセス方法

ツイッターアナリティクスへアクセスするにはパソコンからアクセスします。

ホーム画面>もっと見る>アナリティクスを選択しましょう。

twanalytics-1

 

4-2.アナリティクスホーム画面

ホーム画面から「アナリティクス」を選択すると、アナリティクスホーム画面が出てきます。

アナリティクスホーム画面では、直近28日間でのツイート数やインプレッション数、プロフィールへのアクセス数などが一目で分かるように表示されます。比較の値は、直近28日の前期間(さらに28日過去分)と比較した数値です。

スクロールすると、月単位のサマリーが表示され下記のデータも分かります。

・トップツイート:最もインプレッションしたツイート
・トップの@ツイート:最もインプレッションした引用ツイート(他アカウントからのツイート)
・トップフォロワー:その月の新規フォロワーで最もフォロワーが多いアカウント
・トップのメディアツイート:最もインプレッションした画像・動画付ツイート

twanalytics-3

 

4-3.ツイートアクティビティ

実際の分析でよく利用するのはこちらの画面です。上部のメニューで「ツイート」をクリックすると、ツイート単位で様々な指標を確認することができます。

twanalytics-4

ツイートごと左下にある「ツイートアクティビティを表示」をクリックすると、各ツイートごとにインプレッション数やエンゲージメント総数、エンゲージメントの内訳を見ることができます。

twanalytics-5

右上のカレンダーマークのタブをクリックすると、自由に分析期間を設定することができます。

twanalytics-6

 

ツイートアクティビティ画面では一覧で見れない「プロフィールクリック」や「リンククリック」なども含めて詳細に分析したい場合は、右上の「データをエクスポート」からCSVファイルをダウンロードすることができます。

「By Tweet」でツイートごと、「By Day」で日付ごとのデータを取得できます。

twanalytics-7

※注意:分析期間が長すぎると、データがエクスポートできない場合があります。ユニークワンで試したところエクスポートできる最長期間は「31日間」でした(2021年5月現在)

 

番外編①:CSVが文字化けするときは…

ツイートアクティビティからCSVをダウンロードしていざ分析!ところがそのままExcelで開くと文字化けする可能性があります。

ここではExcel2019(2021年5月時点の最新版)での対処法をお伝えします。

①Excelで「新規ブック」を開く
上段メニューのデータ>データの取得>テキストまたはCSVから を選択
③TwitterアナリティクスよりダウンロードしたCSVを選択してインポート
④文字コードを”UTF-8“に変換して読み込み

twanalytics-14

この手順で回復することが多いです。ご利用環境により若干操作手順が異なりますが、ぜひ試してみてください!

 

 

番外編②.スマホで見るときは

スマートフォンで見ると、パソコンで見たようなTwitterアナリティクスは確認することができません。

各ツイートごとのツイートアクティビティは確認することができます!

 

5.Twitter分析のコツ

5-1.分析では「投稿日時」と「投稿ジャンル」に注目

Twitter分析で重要なのは①いつ、②どんな内容の投稿がインプレッションやエンゲージメントが多かったか?という視点です。

①投稿日時

ユーザーがツイートを目にしやすいタイミングで投稿することが重要です。

HAU_202002_Twitter-1

引用元:【2020年最新版】ツイッター投稿、拡散を狙えるベストな投稿時間帯は?

特に①平日の12-13時、②夜間19-22時台は多くのユーザーが閲覧している時間といえます。

平日のお昼休みの時間帯は、どの業種や商品、サービスにもおすすめの時間帯といえるので、まずはここを狙って投稿してみるとよいでしょう。一方夜間の時間帯や土日はオフモードでTwitterを見ているユーザーが多い傾向にあります。ビジネス色の強いツイートよりは「ゆるい」ツイートで共感してもらうことが重要です。

 

②投稿ジャンル

投稿内容=どんなジャンルの投稿がより反応されるか、というのも重要です。例えば弊社のTwitterアカウントでいうと

・ITやWEB系の最新情報
・コラムやnote記事などのコンテンツ更新
・自社ニュース(プレスリリース)
・職場環境や日常風景

をメインに更新しています。目的は自社のブランディングなので、ユニークワン=「地方発のメガベンチャーを目指す会社」「データ分析に強いインターネット広告会社」というブランディングに貢献できるような内容を意識しています!

企業アカウントをお持ちの方は、闇雲にツイートしてしまう前にTwitter運用の目的を振り返り「どんなジャンルのツイートがいいかな?」と再考するとよいでしょう。

 

5-2.指標は「数」と「割合」の両方に着目

分析では絶対数だけではなく「割合」にも注目しましょう!

例えば下記のようなツイートがあるとします。

・ツイートA:インプレッション10,000回/エンゲージメント数100回/エンゲージメント率1%
・ツイートB:インプレッション1,000回/エンゲージメント数40回/エンゲージメント率4%

一見するとツイートAのほうがエンゲージメント数が多く見えますが、エンゲージメント率で言うとツイートBの方が優れています。

「エンゲージメント」を重要視する運用方針であれば、ツイートBの内容でどうすればさらに多くの人に見てもらえるか?投稿時間やハッシュタグを工夫してみよう!といった改善が考えられます。

 

6.目的別!Twitterアナリティクスで見るべき指標

6-1.目的①:新規フォロワーを増やしたい

ユーザーが新規のアカウントをフォローする流れを大まかに整理すると、

①ツイートが表示される
②プロフィールをクリックする
③フォローする

となります。そのため①インプレッション、②プロフィールクリックを重要な指標としてツイートを分析しましょう。プロフィールクリックについては、CSVデータから「クリック数」だけでなく「クリック率」も確認するとよいです。デフォルトの表にはない指標なので、クリック率=クリック数/インプレッション数×100で計算すると表示されます。

 

6-2.目的②WEBサイトへ誘導したい

ツイート経由でのWEBサイトへのアクセスは、「URLクリック数」を確認します。「どんな内容だとWEBサイトへ訪れてくれるのか?」を分析しましょう。

twanalytics-11

ちなみにGoogleアナリティクスが正しく設定されていれば、Twitterからのアクセス数の総数やその後のユーザーの動きを確認することもできます。アナリティクスの集客>すべてのトラフィック>チャネルを選択し、そのなかで「Social」をクリックします。

twanalytics-12

すると、SNSサービス別に詳細データを閲覧できます。これを見るとTwitterからのアクセスはSNS流入全体に比べて直帰率が低くコンバージョンにもつながっていることがわかります。

twanalytics-13

 

7.まとめ:ツイッター分析で効果的なアカウント運用を!

いかがでしたでしょうか?今回の記事のポイントは

  • Twitterアナリティクスを活用してツイートを分析することが重要
  • 「数」だけではなく「率」にも着目
  • 目的に応じて重要な指標をチェックするとGOOD!

企業アカウントの影響力を高めるためには、毎日の投稿→結果の振り返り→改善が一番の近道。

ユニークワンではWEBマーケティングの知見を活かしたSNS分析・運用アドバイスを行っています。効果的な運用方法などについてご相談も承りますので、ぜひお気軽にご連絡ください!

リスティング広告・SNS運用・動画活用など
デジタルマーケティング全般は私たちにおまかせください。

今すぐ無料相談をする

メールマガジンを購読する

あわせて読みたい