インターネット広告会社|株式会社ユニークワン

コラム

Instagramで予約投稿をする簡単な方法|投稿におすすめの時間も|PC&スマホ両方解説

SNS運用

 

店舗への集客や会社のブランディングに欠かせないツールとなってきた”Instagram”。マメに更新しよう!と思っても時間がとれず、つい投稿が疎かになっていませんか?

そんな方におすすめなのが、Instagramの”予約投稿”を活用すること!スキマ時間でフィード投稿をストックし、設定した時間に投稿することができます。

今回の記事を読むことで、

  • インスタの投稿をストックし、好きな時間に予約投稿する方法がわかる!
  • 投稿におすすめな曜日や時間帯がわかる!

手間を少なく・効果的にインスタを運用していきましょう。

【無料セミナー情報】

7月29日(木)に「地方企業のSNS活用術セミナー」を開催します!
SNS運用における具体的なポイントや地方企業様のSNS活用事例といった、「明日から実践できる」内容を余すことなくお届けします。無料オンラインセミナーですのでお気軽にご参加いただけます。ぜひご覧ください。

セミナーを見てみる

 

1.Instagramで予約投稿をするには

1-1.公式ツール”クリエイタースタジオ”がおすすめ!

クリエイタースタジオ“は、Facebook社が公式提供する無料のサービスです。フィード投稿・IGTVの予約投稿をすることができます(2021年4月現在)。

公式サイトより引用

 

1-2.クリエイタースタジオのメリット

①パソコンから投稿できる

クリエイタースタジオはパソコンから投稿を作成・予約設定ができます。ビジネス用アカウントの場合パソコンで作業される方が多いと思いますが、スマホに切り替えなくてもPCで操作できるのは便利ですよね!

②日本語対応で操作がわかりやすい

Facebook社公式のサービスであるため、日本語対応&操作画面が直感的でわかりやすいです!パソコン操作に不慣れな方でも簡単に使いこなすことができます。

1-3.クリエイタースタジオのデメリット

①ストーリーズ・リールの予約投稿は非対応

現在クリエイタースタジオで予約投稿できるのはフィード・IGTVのみで、ストーリーズ・リールには非対応です(2021年4月現在)。

②スマホからの予約投稿には非対応

クリエイタースタジオのスマホ版アプリはリリースされているのですが、Facebookのみに対応しておりInstagramには対応していません(2021年4月現在)。スマホで予約投稿をしたい!という場合は外部アプリを使用する必要があります。

 

2.インスタ予約投稿の方法(PC):クリエイタースタジオを活用

2-1.事前準備

クリエイタースタジオを利用するには、Instagramaアカウントをビジネスアカウントに切り替える必要があります。

ビジネス利用の場合は個人アカウントでなくビジネスアカウントの方が便利な機能もたくさんありますので、まだ切り替えてない方はぜひ切り替えてください!

詳細な手順はこちらの記事をご確認ください。

クリエイタースタジオ“へアクセスし、Instagramのログイン情報を入力すれば準備完了です!

 

 

2-2.予約投稿の手順(フィード投稿)

①投稿を作成>「Instagramフィード」を選択

クリエイタースタジオ左上の「投稿を作成」をクリックし、「Instagramフィード」をクリックします。

②投稿する画像を選択してキャプションやハッシュタグを設定

投稿する画像をアップロードし、キャプションやハッシュタグを入力します。

ちなみに「詳細設定」からコメントのオン・オフを切り替えることも可能です。

③右下の「▼」より投稿日時を指定する

投稿が完成したら、右下の「▼」マークをクリックし、「投稿日時を指定」にチェックを入れます。投稿したい日付・時間帯を設定すれば予約投稿完了です!

予約投稿が完了した投稿は、一覧画面で「公開予定」ステータスになります。

 

2-3.番外編:インスタアカウントとFacebookページと連携すると便利に!

クリエイタースタジオはもともとFacebook用のサービスであるため、FacebookページとInstagramを連携しておくとFacebookページへの予約投稿も同時に行うことができて便利です!

●Facebookページから連携する場合

Facebookページ左側の「設定」をクリックします。

「Instagram」>「アカウントをリンク」をクリックし、連携するInstagramアカウントのログイン情報を入力すれば完了です!

●Instagramアカウントから連携する場合(スマホアプリより)

設定画面より、「ビジネス」>「Facebookページ」をタップします

「既存ページへリンク」をクリックし、連携するFacebookページを選びます。

3.インスタ予約投稿の方法(スマホ):外部アプリを利用

スマホから予約投稿をしたい!という場合はFacebook公式ツール以外の外部アプリを使用する必要があります。しかし、ツールによっては日本語非対応であったり有料であったりするため、不便な部分もあります。特別な事情がない限りはクリエイタースタジオからの予約投稿をおすすめします!

3-1.Later

▲ダウンロード先:App StoreGooglePlay

Laterは無料で利用できるアプリです。複数のInstagramアカウントを管理でき、スケジュールが一目でわかるカレンダー機能が人気です。

全文英語表記になってはいますが、直感的に使いやすいアプリです。

 

3-2.Statusbrew

Statusbrewは日本語対応しており、「ストーリーズ」の予約投稿もできます。FacebookやTwitterなど他のSNSへの予約投稿もできるツールです。

▲公式サイトはこちらから

投稿履歴からユーザーの反応を得やすいベストな投稿時間を分析できる機能も備わっています。2021年4月現在は7日間の無料トライアルが用意されているものの、基本的には有料のサービスとなっています。詳細は公式サイトからご確認ください。

 

4.投稿におすすめの時間帯は?

予約投稿ができるようになれば、自由な曜日・時間に投稿できるようになります!せっかく投稿するなら多くのユーザーがインスタを利用しているタイミングで投稿するのがおすすめです。

App Ape LAb.の調査(2020年6月時)によると、下記表で赤く表示されているタイミングが利用率の高い時間帯です。

▲引用元:【2020年最新版】インスタグラム投稿、いいねがもらえるベストな時間帯は?

●平日朝の7-8時台

出勤・通学時間帯であるこの時間帯は、利用率が伸びていることがわかります。移動時間や始業前に情報をチェックするユーザーが多いと考えられます。

いわゆる”オン”モードで情報収集するユーザーが多いため、BtoBビジネスの企業や学生向けサービスを提供する企業におすすめの時間帯といえます。

●昼の12-13時台

お昼休みの時間帯はどの曜日もアクティブ率が高いです。朝に比べて”オフ”なモードでInstagramを利用する方も多いと考えられます。

どの業種や商品、サービスにもおすすめの時間帯といえるので、まずはここを狙って投稿してみるとよいでしょう。

●夜間の20-22時

夜間の20時~22時はどの曜日でも1日の中でアクティブ率が最も高い時間帯となっています。テレビ業界でも”ゴールデンタイム”と言われていますが、Instagramについても同様なことがいえるでしょう。

“オフ”モードでInstagramを利用しているユーザーが大半な時間帯です。BtoBよりはBtoCビジネスの企業に特におすすめな時間帯といえます。

投稿もカチっとした内容よりは日常に溶け込むような写真・テキスト口調がおすすめです。

 

【無料セミナー情報】

7月29日(木)に「地方企業のSNS活用術セミナー」を開催します!
SNS運用における具体的なポイントや地方企業様のSNS活用事例といった、「明日から実践できる」内容を余すことなくお届けします。無料オンラインセミナーですのでお気軽にご参加いただけます。ぜひご覧ください。

セミナーを見てみる

5.まとめ:予約投稿で見られやすい時間帯を狙って投稿しよう!

今回の内容をまとめると…

  • インスタの予約投稿には”クリエイタースタジオ”が便利!
  • Instagramアカウントを”ビジネスアカウント”に切り替えて利用しましょう
  • インスタの利用率が高い朝の通勤時間帯、お昼休み時間、夜間に投稿してみましょう

投稿した後はユーザーの反応をしっかりチェックすることが大事です!ユニークワンでもいいねやコメント数が多かった投稿、フォロワーの属性などを把握するための分析ツール「Ooowl」を2020年秋にリリース。Instagram公式のインサイト分析と比べると、

・アカウント全体のサマリー(インプレッションやエンゲージメント率、フォロワー数推移など)がすぐに確認できる

・期間を自由に指定して分析ができる

・レポートをPDFで簡単にダウンロードできる

という点でビジネスユーザー向けに使いやすい機能が充実しています!すでにお客さまからたくさんのお問い合わせを頂いていますので、ぜひこちらもご覧ください。

ooowlを見てみる

 

リスティング広告・SNS運用・動画活用など
デジタルマーケティング全般は私たちにおまかせください。

今すぐ無料相談をする

メールマガジンを購読する

あわせて読みたい