インターネット広告会社|株式会社ユニークワン

コラム

インスタ公式アプリでリポスト(リツイート・リグラム)する最も簡単なやり方|初心者におすすめリポストアプリも紹介

SNS運用

インスタグラムでリポスト・リツイートする方法

他のユーザーが投稿した写真を自分のアカウントでもシェアしたいと思ったことはありませんか?
Instagram(インスタグラム)ではTwitter(ツイッター)のリツイートほど手軽にはできませんが、簡単に自社のアカウントでシェアする方法はありますのでご安心ください。

iPhone、Androidどちらでもできるリポストのやり方や注意点、リポストができないときの対処法についてもまとめました!
ぜひ参考にしてくださいね。

【Instagramの他の記事はこちら】
初心者向けInstagram広告(インスタグラム広告)の基本!広告費用も実例つきで紹介
【2020年8月更新】Instagram(インスタグラム)日本のユーザー数・属性・活用シーン|企業の事例も紹介

1.インスタのリポスト(リツイート)とは

インスタグラムのリポストとは、他のユーザーの投稿を自分の投稿として再投稿することを言います。
例えば、インテリアメーカーのアカウントでは、ユーザーが自社のインテリアを利用している投稿をリポストしています。
ちなみにリポストのことは「リグラム」と言ったりもしますが全く同じ意味です。

新潟テイクアウトinstagramの例

こちらは弊社で運用している「#新潟テイクアウト」というアカウントです。

ユーザーが発信しているテイクアウト情報をリポストすることで、情報の質や投稿頻度を上げています。

 

2.リポスト(リツイート)は公式アプリが確実!

Instagram公式アプリ

最も安定しているリポスト方法はInstagram(インスタグラム)公式アプリを使用したものです。

以前はInstagram非公式の「リポスト専用アプリ」でしかリポストはできませんでしたが、最近は公式アプリだけでリポスト投稿ができるようになりました。

非公式アプリの場合、instagram側のアップデートにアプリの修正が追いつかずバグが発生するなどの問題もありましたが、公式アプリであればそういった問題はほぼ起こりません。

まずは基本のやり方として、公式アプリを活用したリポストを覚えることをおすすめします!
Instagram公式アプリは以下のリンクからインストールできます。

Androidはこちら    iOS(iPhone)はこちら

 

3.具体的なリポスト(リツイート)方法

3-1.リポストしたい投稿を見つける

リポストする手順

先ほど紹介した「新潟テイクアウト」のアカウントを例に、リポストのやり方を説明していきます。
上記画像はハッシュタグ「#新潟テイクアウト」で、リポストする投稿を探した場合です。
今回は中央のピザの写真をリポストすることにします。

3-2.紙飛行機のマークをタップ

公式アプリでリポストする方法

(実際の投稿はこちら)

リポストしたい投稿を選んだら、左から3つ目の紙飛行機のマークをタップします。

3-3.ストーリーズに追加

リポスト手順説明

他のユーザーへ共有できるメニューが出現します。
出てきたメニューの一番上、「ストーリーズに投稿を追加」をタップ。

3-4.ストーリーズ作成画面で編集

リポスト作成ストーリー

ストーリーズ作成画面に移ります。
画像をタップすることで投稿テキストの有無など、スタイルを変えることもできます。
ストーリーズ画面では、スタンプやメンション、テキストなどを入れてしてストーリーズを作成しましょう。
編集が終わったら、左下「ストーリーズ」のボタンをタップ。

3-5.投稿に追加

ストーリーズからリポスト作成

右下部分「その他」の上にある点3つのマークをタップします。

ストーリーを投稿としてシェア

ストーリーズ投稿の設定メニューが表示されます。
出てきたメニューから「投稿としてシェア」を選択。

ストーリーズを投稿として追加

リポスト投稿に必要な部分だけが正方形に収まるよう、写真部分を引っ張って調整します。
調整が終わったら右上の「次へ」をタップしてください。

リポスト投稿テキスト作成

キャプションを記載して「シェア」をタップしましょう。
これでリポスト作業は完了です。

リポスト完了画面

ストーリーズ経由でリポストした投稿が、新しい投稿として表示されます。

 

4.リポスト(リツイート)専用アプリを使った方法

ここまで、Instagram公式アプリを使ったリポストの方法を紹介しました。

上記の方法は公式アプリを活用するため安定して利用できますが、たまにみかける「リポストマークの付いた投稿」については、専用アプリを使用したリポストによるものです。

ここからは、専用アプリを使ったリポスト方法についても紹介します。

4-1.リポストのおすすめアプリ「Repost for Instagram」

リポスト専用アプリrepostforinstagram

リポスト用のアプリはたくさんありますが、多くのユーザーが使用しているアプリとしては、「Repost for Instagram」が挙げられます。
簡単にリポストができるのでおすすめです。下記ダウンロードURLよりダウンロードできます。

Androidアプリはこちら     iOS(iPhone)アプリはこちら

4-2.Repost for Instagramの使い方

今回は例として「Repost for Instagram」の使用方法を紹介します。
(他のアプリでもほぼ同様の使い方でリポストすることができます。)

リポストする手順

まずはリポストしたい投稿を探します。
先ほど公式アプリの手順を説明したときと同様に「#新潟テイクアウト」のハッシュタグで検索しました。

専用アプリでリポストする手順

こちらのピザの投稿をリポストすることにします。
右上の縦に3つ点が並んでいるアイコンをタップ。

リポスト専用アプリ手順リンクコピー

表示されたメニューから「リンクをコピー」をタップし、投稿URLをコピーします。
そのままInstagramは一旦閉じて「Repost for Instagram」のアプリを開いてください。

リポストアプリリンクコピー後

Repost for Instagramを開くと、先ほどリンクをコピーした投稿が自動的に反映されています。
今回リポストしたい投稿部分をタップしましょう。

リポストアイコンの位置

リポスト元のアカウント名をどこに表示させるか、位置や色を調整できます。
位置は左下が一般的なので特にこだわりがなければそのままでOKです。
アカウント名が記載されている白い部分は「Dark」で黒にできますが、こちらも白のままが一般的です。
設定が完了したら「Repost(iOS版だと再投稿)」をタップ。

リポスト調整画面

色味を調整する画面へ移ります。
フィルターなどをかけて編集すると著作権上問題となる可能性があります。
調整はせずに、「次へ」をタップしましょう。

キャプション長押しコピー

キャプションの入力画面へ移ります。
長押しをして「貼り付け」をタップすると元の投稿にあったキャプションを貼り付けることができます。

リポストのキャプション

リポストの際、キャプション冒頭には投稿のお礼などを記載するのが一般的です。
「シェア」をタップすると投稿完了です!

 

5.リポスト(リツイート)の注意点

リポストをする際にはマナーがあります。特に企業アカウントで利用する場合は下記のマナーを守って投稿しましょう。

5-1.投稿者の許可を取る

企業の公式アカウントでリポストを行なう場合には、DMまたは投稿にコメントをつけてユーザーの許可を取ってから使用することをおすすめします。

DMを見ているユーザーは少ないので、コメントの方が安心です。

また、一般ユーザーの投稿に企業公式がコメントすることで、喜んでもらえることもあります。

ぜひ許可を取ってからリポストするようにしてください。

5-2.写真は編集や加工NG

リポストをする写真には、フィルターをかけたり、上から文字やスタンプを押したり、するのはやめましょう。

著作権上、大きな問題となる可能性があります。

5-3.リポストであることが分かるように

リポストにも関わらず、自分のもののように投稿すると著作権の侵害となってしまうこともあります。

「〇〇様(ユーザーネーム)の投稿をご紹介します!」といったような記載を行ない、リポストであることが明らかに分かるようにしましょう。

5-4.元のキャプション(投稿文)を残す

リポストのキャプション(投稿文)は、アプリを使って投稿した場合、元の投稿のキャプションを残しましょう。

リポストさせてもらったことへの感謝やコメントを先に記載し、その後にもとの投稿のキャプションを載せることが、一般的なリポスト投稿です。

6.リポストがうまくできない場合の対処法

6-1.相手のアカウントが非公開設定

リポストしたい投稿のアカウント自体が非公開アカウント(フォロワー以外に公開していない鍵付きアカウント)の場合はリポストすることができません。

6-2.相手が「ストーリーでのシェア」を許可していない

Instagram上にはさまざまなプライバシー設定があります。「ストーリーズでの再シェアを許可する」という項目をOFFにしているユーザーの投稿は、ストーリーズ経由でリポストすることはできません。

6-3.Instagramやリポストアプリの不具合

インスタグラムやリポストアプリの不具合があった場合は、時間をおく、または、スマートフォンを変えて、試してみましょう。

6-4.ハッシュタグの数が多すぎる

Instagramの投稿で使えるハッシュタグは30個までです。

30個を超えてしまうと、キャプションがすべて消えてしまうことがあります。
引用したキャプションのハッシュタグの数を確認するようにしましょう。

今後の鍵を握るInstagram分析

instagram分析グラフ

Instagramの重要指標「エンゲージメント」

Instagram企業アカウントを運用している方にぜひ重視してほしいのが「エンゲージメント」。
エンゲージメントとはユーザーの反応です。Instagramでは「いいね」や「コメント」がエンゲージメントにあたります。

「どんな投稿にユーザーは反応を示すのか」
「ユーザーに見られやすい投稿時間帯はいつなのか」
「自社のアカウントをフォローしている人たちはどの投稿が好みなのか」といったことを分析し、投稿内容を改善していく必要があります。

そのために必要なのが、Instagramアカウントの分析です。
ユニークワンでもいいねやコメント数が多かった投稿、フォロワーの属性などを把握するための分析ツール「ooowl」を2020年秋にリリース。

すでに法人のお客さまからたくさんのお問い合わせを頂いています。

ooowlを見てみる

 

まとめ

Instagramのリポストを行なうことで、アカウントの質が上がり、ユーザーとの交流、ファンの醸成にもつながります。

アカウントの魅力を上げるためにも、Instagramのリポストを試してみてくださいね。

Instagramをはじめ、SNS運用に関してお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください!

【Instagramの他の記事もぜひお読みください】
初心者向けInstagram広告(インスタグラム広告)の基本!広告費用も実例つきで紹介
【2020年8月更新】Instagram(インスタグラム)日本のユーザー数・属性・活用シーン|企業の事例も紹介

リスティング広告・SNS運用・動画活用など
デジタルマーケティング全般は私たちにおまかせください。

今すぐ無料相談をする

メールマガジンを購読する

あわせて読みたい